人事制度構築

一社一社に最適化する、人事制度の構築

Co-Sourcingとは

ワークスラボの人事制度構築は、経営戦略と密接に連動した制度を構築するだけでなく、組織の現状を明確に捉えた上で、制度がしっかりと組織に根付き浸透することを目的にしています。構築後の浸透・定着を実現させるべく、Co-Sourcing(共同開発)の発想のもと、企業側のご担当者様と常に二人三脚でプロジェクトを推進し、制度設計および運営のノウハウをご提供しながら、新たな制度の導入の環境をハード・ソフトの両面からサポート致します。

イメージ1
イメージ写真
イメージ写真

1.経営方針、戦略、目標との連動

単なる社員の処遇を決定するためのツールとしてだけではなく、経営方針・戦略・目標をしっかりと確認をしたうえで、成果を生み出す組織をつくり、支える基盤となる経営システムとして機能する人事制度を構築します。

経営者の価値観、インタビューやディスカッションなどによる現状分析の結果分かった組織風土をもとに、オリジナルの人事制度を構築します。

2.一社一社に最適な人事制度を構築

3.制度運用こそしっかりサポート

人事制度は構築することが目的ではありません。しっかり運用し、業績向上・社員育成に寄与して初めて成功です。評価者トレーニングを含め、構築後のサポートこそ万全に行います。

人事制度構築3つの特徴

お問合せへ