SSM手法型-教育研修プログラム

研修だけでは人は変わらない

ビジネスマンとして成長するための研修とは

自ら変化し、成長する人材を育てるという意味において、
いわゆる教育研修を実施するだけでは、本質的な効果は望めません。
ワークスラボでは、独自開発した「SSM手法」を使ったチェック&ディベロップメントプログラムを導入することで、
教育研修の効果を最大限に引き出していきます。

ビジネスを成功させるビジネスマンの研修方法とは?

チェック&ディベロップメント

アイコン1

360°評価プログラム

受講者の上司や同僚、部下に対し、40項目にも及ぶ質問と受講者に対するコメントを記入してもらうサーベイを実施。その結果を元に、日々の行動を客観的に振り返り、メタ認知を促すプログラムです。自己と他者の評価のギャップを知り、その原因についても考察していきます。

イメージ1

アイコン2

インバスケットプログラム

決断を必要とする書類20~30枚を未解決箱に入れ、限られた時間の中で意思決定を行い、課題を処理していくプログラムです。このプログラムを通して、課題をどのようなステップ、優先順位で処理していくのか、部下への指示や具体的な解決行動は適切か、課題を的確に捉え、分析し、施策を構築する能力を有しているか、受講者の思考や対処傾向など、総合的な能力をチェックしていきます。

イメージ2

アイコン3

面談シミレーションプログラム

部下の成長を促すために、上司がとるコミュニケーションは、とても重要です。このプログラムでは、できていると思っている部下とのコミュニケーションをロールプレイングの中で、何ができていないのか、何が足りていないのかを、自分の目で客観的に確認できるプログラムです。熟練したコーチが部下役となり、対象者と面談、その内容を録画し、後で何が悪かったのかをチェックしていきます。自らを変えるきっかけ作りに最適です。

イメージ3

教育研修プログラム

研修を担当する講師が、御社の状況や「チェック&ディベロップメント」の結果から、プログラムをカスタマイズしてご提案いたします。

基本プログラム

  • マナー研修プログラム
  • マインド研修プログラム
  • ロジカルシンキングプログラム
  • 営業(事業)戦略構築プログラム
  • マネジメント/リーダシッププログラム
  • 目標設定/考課者プログラム
  • 若手社員ブラッシュアップ研修プログラム

など

プログラムイメージ画像

お問合せへ